20230131

人間関係における対称性と非対称性とについて考えている、ここ最近ずっと。あまり他人に話したりしないけど、こういうこと。とはいえ、具体的な表現を避けているというだけで、このブログに書かれてあることの二割くらいはそういう話なんだよな。二割、……二…

20230116

そう短くもない人生を振り返ってみて、「思えば、あれが転換点だったんだな」と感じるような思い出はいくつもある。たとえば、中学時代に通っていた塾のこと。たとえば、インターネット上で知り合った作曲を趣味とする人たちのこと。たとえば、高校三年生の…

星空

新年におみくじを引きに行った。祇園四条にある八坂神社まで。三が日もあけて一日を経た後の平日正午前だというのに、大勢の人でごった返していてまあまあ驚いた。神社でおみくじを引いたことくらいならこれまでの人生に何度かあったけれど、ところで一人で…

20230108

誰かと誰かの関係を天体に喩えてみたりする。一般的によく持ち出されるものとしては、例えば星座。ところで、自分は恒星間の距離を意識することが多い。小さい頃、宇宙に関することが書かれた本を読むのが好きだった。たしか、自分が小学四、五年生くらいの…

2022.12.31 - 2023.01.01

群像劇が好きなんだ、ってそう口にするのはいったい何度目のことだろうな。数年前の自分が何の気なしに使った言葉で、それでもいまも強く記憶しているものが一つあって、「同じ空をみているわけじゃない」とかいうの。気になるなら、ブログ内検索をかけてみ…

signal

楽曲『signal』を投稿しました。 soundcloud.com 【歌詞】 手を引かれた 魔法みたいな夜 白い自転車 挟んで歩いた 何も言わずに 黙っていたのは 言葉じゃ足りないから 昨日までとか 明日のこととか 理由ばかりで 忘れちゃったけど 今日の僕らを 思い出せたら…

2022 年、好きだった曲の話

昨年に引き続き、今年もサークルの後輩が立てた企画に乗っかる形で今年聴いたマジ good music を紹介するやつやります。昨年度の記事はこちら。 kazuha1221.hatenablog.com 春 M3、秋 M3 とバリバリのポップス & ロックを作っていた一方で、今年、自分の中で…

20221215

近況。ずっと修論を書いている。それとバイトとへ割かねばならない時間量が半端でないので、ブログの更新をずっとサボっている。よくないな~と思って、思ったのでこうしていまワードパッドに文字を打ち込んでいる。いや、よくないってことは何もないんだけ…

2022.11_1

2022.11.1.(火) 10/30(日) に開催された M3 に伴う諸々に囚われつつ、ベース練を一日中やっていた。これまでの人生において家族以外の人から誕生日プレゼントを貰ったという経験がそもそも片手で足りるほどしかなく、そんなこんなだったのに、今年は謎の上振…

20221107

夢の中で遺書を書いていた。具体的にどんなことを書いたのかは覚えていないけれど、「なんか」という言葉を使ったことと、あと、書き出しは両親に対するものだったことだけは思い出せる。……遺書ねえ。夢の中では死がものすごく身近なものとして在って、どう…

20221005

熱が引いて一定時間経ったので、一瞬だけ地元へ帰ることにした。目的は、行きつけの美容院へ行くこと。というか、それ目的でしか地元へ帰ることがない、この数年くらいはずっと。夕方だった。乗り換えで降りたホームの屋根の隙間に覗く空が、鮮血をクリーム…

緩やかな

死について考えている。希死念慮とかじゃなく、もっと現実的な死について。たとえば、体調を快方へ向かわせようとする努力をここで止めてしまったとして、そうすればまあ運が悪ければ死ぬかもしれないし。たとえば、明日の朝に目が覚めて何らかの理由で自宅…

大例会2022

様々を忘れないうちに大例会にあった諸々を記録しておきたく。ということで、大例会感想戦をやる。やります。感想戦っていうか、ただの備忘録だけど。 一日目。 家でギリギリまで作業をしていたら想像の五億倍くらいギリギリになって笑った。走る必要はなか…

another parrhesia

某に勧められた『少女妄想中』を読み終えてから書こうと思っていたのだけれど、しばらく外出できなさそうなので、このタイミングで書いておくことにした。 『やがて君になる』の微妙なネタバレが存在するので、読んでいない人かつネタバレを気にする人は、以…

星降のパレーシア

佐々木はいつものように、私と手を繋ごうとした。 河沿いの涼しさに紛れて、右手のすぐ近くに彼女の体温があった。見慣れたワンピースの袖が、返事を待つみたいに視界の隅で小さく揺れていた。「八月も、今日で終わりだね」 あと五時間くらいかな。そう言い…

20220917_2

20220917_2 pic.twitter.com/UvdkzCLnpY — 一葉 (@1TSU8) 2022年9月17日 まだ幼かった頃、と言ったはいいものの具体的にいくつの頃だったのかが思い出せない。そのくらいには幼かった頃の話。記憶がたしかなら一度きりだったと思うのだけれど、実家から少し…

20220917

日没を待ったことって、生まれてこの方一度もないかもしれないな、と思った。比喩的な話ではなく、普通に、現象として。夜明けを待ったことなら何度もある。深夜散歩という趣味を持っている手前、誰かと出かけた際に帰宅へ舵を切るタイミングとして日の出が…

20220903

センシティブというか、人を選ぶかもという話題について書くので「無理だ~」と少しでも感じたらブラウザバックしたほうがよいです。 高校生の頃、というとそれほど昔のことでもないように感じてしまうけれど、具体的な数字で言えばだいたい八年から九年くら…

20220830

一年とちょっと前、夜に人を呼び出したことがある。とだけ書くとなんてこともない出来事のように思えるけれど、「深夜一時を過ぎた頃」に「ほとんど話したことのない相手」を呼び出したことがある、と書けばこれはもうなんていうか、一般常識という一線を優…

20220828

群像劇が好き……というのは多分これまでのどこかで書いていたはずと思ってブログ内検索を掛けてみたところ、意外なことに「群像劇」という言葉自体が一度も使われていなかった。群像劇というのはいわゆる作品形態の一種で、とある一つの出来事に立ち会った複…

daikichi18_第二回投票

大吉 18 で投票した作品について言及するやつ、第二回です。 前回はこちら。 kazuha1221.hatenablog.com どの曲に何点入れたかが目次をみた瞬間に分かるの、前回やってみてちょっと味気ないな~と思ったので、今回は入れるかどうかを迷いまくった曲も含めて…

性別とか

性別という括りが、本当に煩わしくて仕方のない瞬間がある。別に社会全般からそういった分類を排除したいだとか、そんなことは全く思っておらず、なんていうか、社会としての構造的な部分に性差が絡んでくるのはもうどうしようもない話で、当たり前だけど。…

代理戦争

夜、ありえないくらいに月が綺麗で雲も散り散りで、なんていうか、空が凪いでいた。川沿いのベンチから星を探して、代理戦争みたいだな、と思ったりもした。代理戦争の正確な意味を知らないまま雰囲気で使っているけれど。実際、何の代理なんだよって感じは…

20220813

そういえば一、二年ほど前に「一葉は何を話しても "無関心" でいてくれそう」みたいなことを言われたなと思い返していた(ここでの「無関心」は辞書通りの意味ではない)。自分自身を本当の意味で客観視することはできないから、だから自分だと全然分かんな…

daikichi18_第一回投票

大吉音 18 収録にあたって投票した曲について、公言してもよい(もちろん、しなくてもいい)とのことだったので開示ついでに感想戦をします。 〇入れるかどうかを迷いまくった曲 ・172_19:世界革命 / nion ・173_4:Follow my heart / パリ ・174_4:BoundF…

20220803

ツイートするほどでもないこととか、ツイートするようなことでもないこととか、最近思ったそういうことを書く。 京都の夏、基本的に暑すぎ。「暑すぎだろ!」と思ったので半袖でバイト先へ向かったところ、帰りの電車が死ぬほど寒くて本当に後悔した。羽織る…

20220729

最近思っていたことについて雑多に書く。 ついさっきまで眠っていた。なんか、妙な夢をみた。中学生くらいの小さな女の子と夜、どこかの一室にいてそのまま一緒に眠るだけの夢。自分はいわゆるアニメ調の夢をみることが昔から多くて(アニメ全然観ないのに)…

20220727

なんか、ずっと昔から本当に受け入れられない考え方が一つあって。受け入れられないっていうか、正しくは自分の中にない思考回路ってことなんだけど。なんだろうな、変に例え話へ持ち込んだりすると却ってややこしくなりそうだから直接的に記すことにするけ…

人生振り返り

なんていうか、「そろそろ大学生活も終わるな~」と思いながら散歩していると、釣られて謎の人生振り返りタイムが始まったりして、だからここ最近はそういうことを考えている時間が少しだけ長いような気がする。自分はなんとなく抽象的な存在でありたいとい…

20220707

夢をみた。あんまり詳しくは覚えていないけれど、世界は数年後にそこそこヤバい状況になるということを夢の中の自分は知っていて、「この区画も、あと何年かしたら立ち入れなくなっちゃうんだよな」みたいなことを考えながら歩く、そういう夢。一人きりでは…