夜明けと魔法

夢日記はあまり好ましくない、という旨の言説は頻繁にとは言わずとも、誰もが一度は目にしたことがあるのではというように思うのですけれど、どういった理由でそのような結論が広く知られているのか、よく考えていると全く耳にしたことがないなあという気が…

20200514

自分、勉強中だろうが何だろうがニコ動なり Youtube なり、あるいは iTunes なりで動画やら音楽やらを常に耳に入れつつ作業をする(何もしていないときでも音楽は大抵鳴っている)という生活スタイルを形成しているのですけれど、いまちょうど Abema で『禁…

アイ

楽曲『アイ』を投稿しました。 youtu.be www.nicovideo.jp 【歌詞】 言えない 想いを閉じ込めた 心の奥を 覗いては 知らない 貴方の言の葉を 宙になぞっているだけ 届かない ざわめいた群青 テールランプを 追いかけて 右手に濡れた傘 あの耳鳴りがまだ 響い…

20200507

本来であれば今頃新曲を投稿してぐっすりと眠りについているはずなのですが、諸々があったので投稿は明日に延期されました。準備不足~。今日の昼頃に一式を整える予定だったんですが、急激な体調の悪化などがあり、午後の予定を一切合切放り出して睡眠をし…

selen

曲ができたので今週の木曜日(5/7)の20時くらいに投稿します。よろしくお願いします(告知)。 まあ、たったこれだけのためにブログを動かすというのも何だかなあという感は否めないので、曲を作っている間に考えていたことなんかをつらつらと書いていった…

院試問題解くやつ13

そろそろ院試勉強しなきゃなあと思いながらこの春を過ごしているのですけれど、割とだらだらしてしまっているので tex の練習(未だに tex を全く使えない)も兼ねて(主に)京大理学研(数理解析)の入試問題をブログで解いていこうと思います(不定期)。…

院試問題解くやつ12

そろそろ院試勉強しなきゃなあと思いながらこの春を過ごしているのですけれど、割とだらだらしてしまっているので tex の練習(未だに tex を全く使えない)も兼ねて(主に)京大理学研(数理解析)の入試問題をブログで解いていこうと思います(不定期)。…

SxR

シャニマスのイベント『Secret×Rose』について、正直なところ何一つも分からないので、何一つも分からないなりに具体的に何が分からないのかをある程度明確にするべく、深夜五時にもかかわらず word を立ち上げた次第です。 これは考察記事とかでは全くなく…

sp4_1

雑談(雑記事)のつもりで書き出したら四時間が経っていました。ウケる。 『自分は好き嫌いの多いほうではない(何ならある意味では少ないまである)』と自分は割と本心からそう思っており、以前そういう話をどこかでしたときには『いや、そんなわけないだろ…

近況_20200318

近況とはいきなり全くの関係がないんですが、目が覚めて、具体的には睡眠状態から意識が覚醒して、世界とのチャンネルがうまく合わせられないというような違和感に数分間襲われることが時たまあり(多分誰でもある)、夢の内容が幸福まさしくそのものであろ…

院試問題解くやつ11

そろそろ院試勉強しなきゃなあと思いながらこの冬を過ごしているのですけれど、割とだらだらしてしまっているので tex の練習(未だに tex を全く使えない)も兼ねて(主に)京大理学研(数理解析)の入試問題をブログで解いていこうと思います(不定期)。…

また明日

それをいったいどのようにして定義するかということにも依存しそうですが、一先ず普遍的な定義を採用した上で考えてみたところ、いわゆるハッピーエンドみたいなものを自分はあまり信じられなくて。だからといってバッドエンド至上主義というわけでは全くな…

院試問題解くやつ10

そろそろ院試勉強しなきゃなあと思いながらこの冬を過ごしているのですけれど、割とだらだらしてしまっているので tex の練習(未だに tex を全く使えない)も兼ねて(主に)京大理学研(数理解析)の入試問題をブログで解いていこうと思います(不定期)。…

院試問題解くやつ9

そろそろ院試勉強しなきゃなあと思いながらこの冬を過ごしているのですけれど、割とだらだらしてしまっているので tex の練習(未だに tex を全く使えない)も兼ねて(主に)京大理学研(数理解析)の入試問題をブログで解いていこうと思います(不定期)。…

Kronecker の定理

三回生の間に知った事実のうち面白かったもので,かつ証明が比較的容易なものをひとつ紹介したいと思います. 以下の定理を示します. Kronecker’s Theorem のすべての根の(通常の)絶対値が であるならば,それは のべき根に限る. 根の絶対値が というこ…

片道10分

さっき、一時間ほど前、この記事が公開される頃には二時間以上前のことになっているかと思うけれど、南の空に明るい星が二つ並んでて。それを見上げて、あの二人はどのくらい離れてるんだろう、みたいなことを考えて。ここからみたら十数センチくらいの距離…

院試問題解くやつ8

そろそろ院試勉強しなきゃなあと思いながらこの冬を過ごしているのですけれど、割とだらだらしてしまっているので tex の練習(未だに tex を全く使えない)も兼ねて(主に)京大理学研(数理解析)の入試問題をブログで解いていこうと思います(不定期)。…

院試問題解くやつ7

そろそろ院試勉強しなきゃなあと思いながらこの冬を過ごしているのですけれど、割とだらだらしてしまっているので tex の練習(未だに tex を全く使えない)も兼ねて(主に)京大理学研(数理解析)の入試問題をブログで解いていこうと思います(不定期)。…

院試問題解くやつ6

そろそろ院試勉強しなきゃなあと思いながらこの冬を過ごしているのですけれど、割とだらだらしてしまっているので tex の練習(未だに tex を全く使えない)も兼ねて(主に)京大理学研(数理解析)の入試問題をブログで解いていこうと思います(不定期)。…

円分体の中間体

の中間体を求めます. まず は円分拡大なので .また なので は位数 の元一つと,位数 の元一つで生成されることがわかる. は位数 の元とする. としておくと位数が であることから .これと から . の行き先が決まれば写像が定まり,それらは高々 通り. …

空模様

SS を公開したので全人類読んでください(先制攻撃)(初手絶対零度)(確一)(命中率三割)。 www.pixiv.net アイマスのアの字も出てこないので、タグに書いてある主人公の名前さえ知っていれば、他の前提知識がなくても読めます、親切設計(二次創作とし…

関数列と区分求積法

閉区間 で定義された連続関数列 とその極限関数 について次のことが成り立ちます. 関数列 が 上 に一様収束するならば (証明) 関数列 は 上 に一様収束するので,任意の正数 に対してある正整数 があって ならば,任意の について が成り立つ. また は …

風景画

今日はクリスマスイブらしい。他人からそう言われるまで気づかなかった。もうじきに十二月が終わるなあとか、その程度の認識。思えば忘年会やら何やらがあり、それはつまり今年が終わろうとしているということであって、まあ要するに当たり前のことだった。…

未完成の春

楽曲『未完成の春』を投稿しました。www.nicovideo.jp soundcloud.com 【歌詞】 未完成の春 青色の熱が君に解ける 十月の教室の隅っこで そんな言葉を白紙に零した 未完成の春 雨の匂いに暗がりは沈む 誰も星も月もない夜が 翳した傘を叩いていた 水影に残響…

夏の色

いまどこにいるのかといえば、京都大学吉田キャンパス構内共北37に設置されたパイプ椅子の上ですが、去年のNFからもう一年も経ったのか、みたいなことを考えながら暇つぶしがてらにこの記事を書いています。 人生の転機みたいな瞬間は恐らく毎秒、数え切れな…

コード進行について色々6

今回は『ANiMA / xi』の進行をみてみます。めちゃくちゃ好きな曲です。自分はクラシックとかジャズの類を本当に全く、何の謙遜もなしに微塵も分かっていないし聴かないんですが、曲調自体は、というか展開も、かなりそっち寄りな感じがする楽曲です(とはい…

20190922

未完成の春 青色の熱が君に解ける十月の教室の隅っこで そんな言葉を白紙に零した 未完成の春 雨の匂いに暗がりは沈む誰も星も月もない夜が 翳した傘を叩いていた 水影に残響音 塞ぎ込んだ空を飛び越えてそっと口ずさんだ この唄が 掠れた声 聞こえなくても …

雨音が煩い。 この季節、午前四時を回ったくらいの夜になると、南の空には綺麗なオリオン座が浮かび上がる。去年もみられたはず。というか多分、去年もみた。ちょうどこれくらいの季節、深夜、鴨川辺りで。でも、忘れてた。二週間くらい前だったと思う。四時…

cty

mqube.net 未完成の春 青色の熱が君に解ける十月の教室の隅っこで そんな言葉を白紙に零した 未完成の春 雨の匂いに暗がりは沈む誰も星も月もない夜が 翳した傘を叩いていた 水影に残響音 塞ぎ込んだ空を飛び越えてそっと口ずさんだ この唄が 掠れた声 聞こ…

コード進行について色々5

いまとなっては遠い過去のこととなった頃にコード進行についてまとめたページをあらためて読んでみると、「いや、それは単純にこういう仕組みやろ」と思うことが多く、成長を実感する反面、マジで適当に書いてたんだなと、他人事のように実感しました。 今回…